VR

人間のまなざしを拡張

 Virtual Realityの頭文字。日本語では仮想現実と訳されている。その発展系としてAR(Augmented Reality拡張現実)、MR(Mixed Reality 複合現実)などがあり、コンピューターによって拡張された仮想的な現実世界をもたらします。これらの総称としてXRという呼び方をされることもある。

 XR用のコンテンツの制作には3D映像を生成するといった用途のために膨大な計算が必要で、高性能なグラフィックス機能を持つVR Readyパソコンなどが、クリエイティブ現場などで求められるようになってきている。

ショールームなどでの仮想体験、各種トレーニング、ゲームなどで使われるVRヘッドセット。そのコンテンツの作成には膨大な計算処理が必要になる。


このブログの人気の投稿

USBのバージョンとジェネレーション

USB Type-C

Wi-Fi6